1. HOME
  2. メンタルヘルス特集
  3. メンタルヘルス対策
メンタルヘルス対策義務化へ向けて
ラインケア研修   セルフケア研修

今日では、メンタルヘルス対策(自殺予防対策を含む)や過重労働対策は、事業者の社会的責任と言われています。

 

 

 

従業員がなんらかのストレスや過労で体調不良を訴えたり、休みがちになっていたりということはありませんか?

 

過度のストレスや職場やプライベートの悩みを抱え続けることにより、「メンタルヘルス不調」を発症するケースが増大しています。

 

 

 

企業として、従業員個人個人の生き方や働き方の支援、また、生産性の低下や労働力の損失を未然に防ぐために、メンタルヘルス対策への取り組みは非常に重要です。

 

 

 

労働者の"心の健康"に関する現状

 

※厚生労働省 中央労働災害防止協会 職場における心の健康づくりより抜粋

 

■各グラフをクリックすると拡大してご覧いただけます■

職業生活でのストレス等の状況   職業生活におけるストレス等の原因   精神障害等による労災認定案件数

 

業務による心理的ストレスを原因として精神障害を発症し、労災認定が行われるケースが近年増加傾向にあり、

社会的に関心を集めています。
 
このように、職場において、より積極的に心の健康の保持増進を図ることが重要な課題となっています。
また、近々労働安全衛生法の改正により、事業者に対してメンタルヘルス対策の充実・強化が義務化の方向にあります。
 

 

 

mental_allow1.gif

 

 

こころの病気の初期サイン

こころの病気は自分では気づきにくい場合もあります。
また、自分で不調に気づいてはいても、こころの病気だと思っていない場合もあります。

 

周囲の人が気づきやすい変化

 

・服装が乱れてきた

 

・急にやせた、太った

 

・感情の変化が激しくなった

 

・表情が暗くなった

 

・一人になりたがる

 

・不満、トラブルが増えた

 

・独り言が増えた

 

・他人の視線を気にするようになった

 

・遅刻や休みが増えた

 

・ぼんやりしていることが多い

 

・ミスや物忘れが多い

 

・体に不自然な傷がある

  こころの病気サイン イメージ画像

 

 

 

メンタルヘルス対策として

 

 

KCC キャリアプランニングでは、

 

 

累計 480社 約1,900名 の方の受講実績がある

 

 

職場でメンタルヘルス対策の役割を担う 管理監督者対象のラインケア研修   と   自らの心身の健康管理について学ぶ 全階層対象のセルフケア研修

 

 

の2つをご用意しました。

 

 

 

mental_line_care_image1.jpg

 

mental_line_care_image2.jpg

 

mental_allow1.gif

 

mental_line_care_image3.jpg

 

管理監督者の役割であるメンタルヘルス対策として、部下のメンタルヘルス不調の早期発見、過重労働への対策、ストレスの把握などのポイントを学びます。又、部下から相談を聴く技法を実習で学び、より良好なコミュニケーションのとり方を習得することで職場環境の整備を図ります。

 

 

管理監督者対象の研修 【半日コース】講師派遣 例

 

 

メンタルヘルス研修受講 体験談

 

A社様   自分の部署にメンタル疾患で休み始めた部下がいたので、もっと早く気づくことができれば良かったと思いました。今後、相談を受けたときにどう対応すべきか分かったので参加して良かったです。

B社様   面談の実践などがあったので、具体的でよく理解できました。また、普段使っていた言葉が言ってはいけない禁句と知り、これから気をつけようと思いました。

C社様   もっと部下の変化に気づけるよう、よく観察しなくてはいけないと反省しました。面談時の相手との座る位置など具体的に教えていただいたので、すぐに役に立つ内容でした。

 

 

 

mental_image11.gif

 

 "厳選した講師" をご要望の日時にご指定の場所に派遣します。(詳細はこちら

 

ページの先頭へ戻る▲

 
 

 

mental_self_care_image1.jpg

 

mental_line_self_image2.jpg

 

mental_allow1.gif

 

mental_self_care_image3.jpg

 

セルフケアとは、一人ひとりが自身の体調や心の状態を把握し、心身ともに健康な状態を維持できるように管理することです。 セルフケア研修では、怒りやストレスをコントロールし、上手に受け入れるための対応力を身につけます。また、メンタル不全発症者に多く見受けられる思考傾向や生活パターンを学ぶことで、今後の自己管理・予防対策に役立てられるプログラムとなっています。

 

 

 

全階層対象のメンタルヘルス研修~ストレスコントロール法~プログラム【半日コース】講師派遣 例

 

 

メンタルヘルス研修受講 体験談

 

A社様   ストレス発散法や健康管理の仕方について参考になりました。座りっぱなしの業務が多いので、ストレスをためないように今日習った軽いストレッチを早速実践しようと思いました。

B社様   自分でも気づかないうちにストレスがたまって、身体に異変が起きることもあるということを知りました。プラス思考でこれからはいこうと思いました。

C社様   五感を使ってのストレス解消法が学べて良かったです。また、これからは“ユーメッセージ”から“アイメッセージ”へと、自分にも周りの人にも言い回しを気を付けて過ごしていきたいと思いました。

D社様   大学で学んだ「アサーション」について再認識できました。まだまだ身に付いていなかったことに気づいたので、これからはもっと意識して、“アサーティブ”な言い方、考え方を実践していこうと思いました。

 

 

 

mental_image11.gif

 

 "厳選した講師" をご要望の日時にご指定の場所に派遣します。(詳細はこちら

 

ページの先頭へ戻る▲

 

 

 

メンタルヘルス対策に関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。 086-224-8221

メールでのお問合せはこちら

 

 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックして、無料ダウンロードした後インストールしてください。
詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。